ココナッツオイルとの違いは?

ここでは、同様に中鎖脂肪酸を含んでいるMCTオイルとココナッツオイルの違いについて具体的に説明しましょう。

MCTオイルとココナッツオイルは、どちらも中鎖脂肪酸を含んでいます。しかし、実際にはその効果も性質も異なります。同じ中鎖脂肪酸なのに、どんな違いがあるのかを理解して、上手に活用するといいですね。

中鎖脂肪酸の割合

MCTオイルとココナッツオイルは、その中鎖脂肪酸の割合が違います。

  • MCTオイル:100%
  • ココナッツオイル:およそ60%

そもそもMCTという言葉は、Medium Chain Triglyceride(日本語で中鎖脂肪酸)の頭文字をとったものであり、MCTオイルは中鎖脂肪酸そのものを意味しています。実はMCTオイルは天然のオイルではなく、ココナッツなどの原料から中鎖脂肪酸だけを抽出したオイルなのです。

食べたときの風味

MCTオイルとココナッツオイルの風味も違いがあります。

  • MCTオイル:無味無臭
  • ココナッツオイル:独特のココナッツの香りと甘味

MCTオイルは、ココナッツオイルから中鎖脂肪酸だけを抽出しているため、ココナッツの甘い風味はなく、無味無臭です。ですから、アレンジしやすいオイルと言えますね。

使い勝手

MCTオイルとココナッツオイルは、その性状も異なります。

  • MCTオイル:さらりとしていて固まらない
  • ココナッツオイル:20~25度以下になると白く固まる

MCTオイルは固まらないので、季節関係なく使いやすく、そのまま飲むのもおすすめです。ただし、熱に非常に弱いので過熱しないで生のまま使うようにしましょう。

ココナッツオイルは、温度が下がると固まる性質があります。温めるとすぐに溶けますので、加熱調理にも向いています。また、美容効果のあるラウリン酸を多く含んでいるのでお肌に塗って使うこともできるんです。

このように、MCTオイルとココナッツオイルには大きな違いがありますが、どちらも健康や美容に効果が期待できる中鎖脂肪酸を含んだオイルです。もしダイエットを目的として使うなら、MCTオイルの方がおすすめです。